スタッフブログ|土地・建物・外構「コミコミ価格」で1398万円~の戸建KING(キング)

  • ご来店予約
  • お問い合わせ
  • ログイン
  • スタッフブログ

    【地盤調査について】

    ファイル 72-1.jpg

    こんにちは!
    営業の山脇です。

    今回は地盤調査についてお話します。
    地盤調査とは、簡単にご説明すると家を建てても大丈夫な土地かどうかを検査するものです。
    地盤は住まいの安全性を左右する重要な基礎です。

    そのため、地盤調査は
    ◆地盤の強度
    ◆適切な建築方法
    ◆安全に建物が建てられる土地か否か

    などを調査結果から把握する為の欠かせない工程なのです。


    調査の種類は主に7つあります。
    ・スウェーデン式サウンディング試験
    ・ボーリング標準貫入試験
    ・ハンドオーガーボーリング
    ・平板載荷試験
    ・オートマチック・ラム・サウンディング試験
    ・ポータブルコーン貫入試験
    ・レイリー波探査

    これらはそれぞれ一長一短ありますが、土地の特性に合わせて選んでいきます。
    次回はこの特性ごとの調査方法について深掘りしていきますのでどうぞ宜しくお願いいたします!

    このイベントの参加申し込みはこちら

    ご来店予約はこちら

    【10/17 10/18 開催の上林町モデル完成即売会について】

    こんにちは、川口です。
    先週土、日曜日に香川県高松市にてイベントを開催いたしました。
    おかげさまでイベントを大盛況で終えることができました!
    ご来場頂いた皆様方、誠にありがとうございました。

    ファイル 71-1.jpg

    来月は11/14(土)15(日)に開催予定です。
    開催場所等は追ってお知らせいたしますので楽しみにお待ちください!


    また、以前スタッフブログにて当社分譲地のお話しをしましたが、こちらもお陰さまで順調に販売しております。販売中の区画も残り少なくなってきておりますので、お気に入りの物件がありましたら、お早めにお声掛けくださいませ!
    これからも地域の皆様と共に街づくりをしていきたいと考えております。
    今後とも何卒、宜しくお願い致します。

    このイベントの参加申し込みはこちら

    ご来店予約はこちら

    【棟上げと上棟式】

    おはようございます!
    営業の山脇です^^

    本日はタイトル通り棟上げと上棟式についてお話します。

    ファイル 70-1.jpg

    棟上げ(むねあげ)とは、家の基礎工事後に一日で一気に家の枠組みを組み始め、最後に屋根の一番高い場所に「棟木(むなぎ)」を取り付ける作業を言います。
    「棟木」を屋根の上に「上げる」ことから、棟上げと呼ばれる所以となっています。
    そしてこの「棟上げ」を行う際に無事建物が完成することを願い、上棟(じょうとう)できたことを工事関係者と一緒にお祝いする式典が「上棟式」と呼ばれているのです。

    この「上棟式」は、以前は神主さんを呼んでの祈祷や、銭・おもち・お菓子などを大工さんたちがまくなど盛大なものでした。しかし最近は、棟梁や現場監督、工務店の人などが神主さんの代わりに式を進め、内容もかなり簡素化されてきています。
    もちろん、厳密に行われたい場合は準備や進め方、費用面の相談もしっかり承りますので、遠慮なくスタッフにご相談下さい!


    上棟式でお客様から感謝や労いの言葉をいただいた際には、改めてつくり手としての責任の重さを実感し、いい家にしたいという気持ちがより一層込み上げてきます。
    上棟式は皆様の新しい生活へのスタートです!
    今後も家づくりに携わる者として身を引き締め、精一杯お手伝いさせていただきます!

    このイベントの参加申し込みはこちら

    ご来店予約はこちら

    【地鎮祭】

    こんにちは。
    川口です!

    本日は上林町モデルハウスの即売会に参加してきました。
    雨の中、沢山のご来場誠にありがとうございます。
    スタッフ一同、心より御礼申し上げます。
    詳細は後日、またブログにあげさせて頂きますのでそちらも是非ご覧くださいませ。


    では本題に戻ります。

    【地鎮祭について】

    ファイル 69-1.jpg

    地鎮祭は土地の神様に土地を使うことを伝え、建築工事の安全を願う儀式です。
    一般的には神式でとり行われますが、宗教によっては違う場合もあるので、もし特別な形式でされたい場合は遠慮なくご相談ください!
    下記は一般的な神式の地鎮祭の流れです。

    1. 開会の儀
    2. お祓い
    3. 祭壇にお供え物をする
    4. 祝詞をあげる
    5. 現場を清める
    6. 地鎮の儀
    7. 玉串を祭壇に捧げる
    8. お供え物を下げて神様にお帰りいただく
    9. 乾杯
    10. お供え物をいただく
    11. 閉式の辞

    最近では地鎮祭を行わない場合もあるそうですが、永く住む場所なので、地鎮祭は行うことをおすすめいたします!

    土地・建物・外構「コミコミ価格」で1398万円~
    戸建KING(キング)

    このイベントの参加申し込みはこちら

    ご来店予約はこちら

    【建物基礎工事 工程編】

    ファイル 68-3.jpg

    こんにちはっ!
    営業の山脇です!
    本日は建物基礎工事の工程についてお話します。

    基礎工事は全部で15工程に及び、着工から1か月~1か月半(時期により異なります)かけて行います。
    皆様も1度は作業現場を見られたことがあるのではないでしょうか。
    基礎工事の工程詳細は以下の通りです。

    1. 地縄張り(建築予定場所の外周を縄やロープで印をつける作業)

    ファイル 68-1.jpg

    2. 根切り(建物を建てる一番低いところまで掘る作業)
    3. 砕石敷き(細かく砕いた石を敷き詰める作業)
    ファイル 68-2.jpg

    4. 防湿シートを敷く(地面からの湿気を防ぐ目的で行う)
    5. 捨てコン(建築場所の目印としてコンクリートを流し固める作業)
    6. 鉄筋組み

    7. 基礎外周の型枠組み
    8. 床の生コン打設(組んだ型枠内全体にコンクリートを流し込む作業)
    9. 内部の型枠組み
    10. アンカーボルト設置(基礎と土台を連結する目的でボルトを設置する作業)
    11. 立ち上がりの生コン打設(基礎の立ち上がった型枠の中にコンクリートを流し込む作業)
    12. 養生(コンクリートが乾くまで外部からの衝撃、風雨などから守るための保護)
    13. 型枠をはずす
    14. 雑コン(給湯器置き場や勝手口の土間を作る作業)
    15. 仕上げ(基礎の継ぎ目にある不要部分を除去する作業)

    ファイル 68-4.jpg

    これらの工程を終えるとようやく住宅の基礎が出来ます。
    その後は上棟への工程になるのですが、こちらは次回お話します。

    このイベントの参加申し込みはこちら

    ご来店予約はこちら

    【住宅ローン解説 part③(最終回)】

    こんにちは、川口です。
    いよいよ、住宅ローンのお話しも最後になります。
    第3回目の本日は、「融資内容の選び方」についてお話し致します。

    住宅ローンの融資先や内容は主に

    ・年収
    ・勤務先(業種や雇用形態)
    ・勤続年数
    ・年齢
    ・他の債務状況や返済履歴


    の条件から選ぶことができます。
    そのため、ご自身の状況と融資条件を照らし合わせ、借入可能な融資先の中からお客様の条件に合った融資内容を選択していきましょう。
    では条件によってどのように借入状況が決まるのか見ていきましょう。

    まず年収です。
    年収は、ご自分の源泉徴収票をご確認ください。それにより、おおよその借入金額が分かります。銀行によって多少異なりますが、だいたい年収の7割~8割が借入金額の一つの目安です。

    次に勤務先です。
    勤続年数によっても借り入れ可能金額はかわってきます。公務員なのか、サラリーマンなのか、はたまた自営業か。また、大手、中小と企業規模によっても変化します。そして勤続年数が長ければ長い程、借り入れは有利になります。1年未満の場合は申し込む銀行が限られてきますので、自然と融資内容の選択肢も限られてしまいます。

    また、融資先により、完済年齢が決められております。
    完済年齢がA銀行は75歳、B銀行で80歳というように融資先によって異なります。
    ご自分の年齢が45歳でしたら、75歳完済の場合、30年ローンしか組めません。
    こうした制限が加わってきますので、借り入れの際はまず、ご自分の年齢と融資先の完済年齢を確認しましょう

    そして、住宅ローン融資以外の債務状況も融資内容や金額に大きく影響を及ぼします
    もし、現在未完済の借入や車のローン、クレジットでのローンなどがありましたら、一度完済するか、金利を安くして返済年数を伸ばすなどの組み換えが必要になります。また、過去の延滞履歴も審査状況に影響するので、将来ローンをご検討される方は気を付けましょう。


    以上、各条件による借入状況の違いがお分かりいただけたでしょうか?
    このように住宅ローンを選ぶ場合は、ご自身の条件をご確認頂いた上で融資先・融資内容を決めていくとスムーズに決定することができると思います。

    戸建KINGではローン相談をいつでも受け付けております!
    もし融資内容にご不安やお悩みがございましたらお気軽にお声がけください!


    土地・建物・外構「コミコミ価格」で1398万円~
    戸建KING(キング)

    このイベントの参加申し込みはこちら

    ご来店予約はこちら

    【建物基礎工事 工事種類編】

    こんにちはっ!
    営業の山脇です^^

    基礎は、建物を支える重要な土台部分です。
    この土台を作る工事を「基礎工事」と呼びます。
    この基礎工事の種類は主に3つあります。

    ①ベタ基礎
    ベタ基礎とは、家の床下部分全体をコンクリートで固めて作る基礎のことです。
    現在日本で最も多く採用されております。

    ファイル 66-1.jpg

    ベタ基礎メリット
    ●湿気から建物を守る
    ●シロアリの進入防止
    ●建物重量を全体に分散できる

    デメリット
    ● コンクリート使用量が多く、コストが高い

    ②布基礎
    布基礎は、日本で古くから使用されてきた基礎です。
    まずこちらはコンクリートを家の壁に沿って固めていきます。さらにそれを薄いコンクリートで横に繋げていきます。

    ファイル 66-2.jpg

    メリット
    ●コンクリート使用量がベタ基礎に比べて少ないため、コストが安い
    ●コンクリート使用量が少なく軽いため、地盤への負荷が少ない

    デメリット
    ●長期優良住宅対象外
    ●床下空間がないのでメンテナンスや修繕が難しい

    ③SRC基礎
    SRC基礎は、床下に空間の無い基礎です。
    こちらは一般的に大型建築物等に使われます。
    外周を立ち上がり基礎、内周をH形鋼材で作成し、床下にコンクリートと砂利を敷き詰めていきます。

    ファイル 66-3.jpg

    メリット
    ●空気が入るスペースが無いため、湿気、浸水の心配が無い
    ●シロアリ等の心配が無い
    ●地震の揺れを吸収して分散する

    デメリット
    ●ベタ基礎より工程が多く、コストが高い

    いかがだったでしょうか。
    基礎は建築の中でも大変重要な工程です。
    住宅を考える上での最初の判断材料にしていただけたらと思い、今回ご紹介させて頂きました。
    ちなみに当社では、安全面や建物の維持、費用面を考慮して主にベタ基礎を採用しております。
    次回は、基礎の工事工程についてお話します。


    土地・建物・外構「コミコミ価格」で1398万円~
    戸建KING(キング)

    このイベントの参加申し込みはこちら

    ご来店予約はこちら

    【住宅ローン解説 part.2】

    こんにちは、川口です。
    本日は、第2回目「どういった融資内容がお得なのか」についてお話いたします (^^)

    実は住宅ローンの融資内容は数多くありまして、どれも一長一短あります。

    まず、第一に金利が低いところを探しますが、何年ローンの融資で固定期間が何年なのかが重要になります。
    お勧めは、35年返済期間の35年長期固定で金利の低いところです。
    また、独自で商品を出している銀行で金利が低いところが特にお勧めです。
    しかし、今は、低金利時代ですので、35年返済期間の10年固定でも皆様選ばれています。
    こちらも、同じく金利の低いところがお勧めです。

    しかしながら、つなぎ融資をする場合は、つなぎ融資金額の金利も銀行によって異なりますので、必ず併せてご確認下さい。たまに、つなぎ融資を別の会社でしているところは、手数料や金利などが割高になることもありますので、要注意です。

    したがって、固定期間・融資金利・つなぎ融資がある場合は、つなぎ融資金利や内容をしっかりご確認して全体的にお得なところを選びましょう(^^)

    私ども戸建KINGは、いつでも住宅ローンのご相談を受け付けております。
    もし融資内容にご不安やお悩みがございましたらお気軽にお声がけください!

    次回、第3回目は「融資内容の選び方」について、年収や勤務先、勤務年数ごとに具体的にお話ししていきます。


    土地・建物・外構「コミコミ価格」で1398万円~
    戸建KING(キング)

    このイベントの参加申し込みはこちら

    ご来店予約はこちら

    【小上がり和室】

    こんにちはっ!
    営業の山脇です。

    今回は最近流行りの『小上がり和室』をご紹介します^^

    小上がり和室とは…
    あまり聞き慣れない方も多いかもしれませんが、こちらの写真を見て頂けばお分かりいただけると思います。

    ファイル 64-1.jpg

    このような一段上がった和室を小上がり和室と呼びます。
    この和室をリビングに設置することで、憩いの場として近年人気の設備となっております。

    リビングのスペースは取りますが、子供のプレイルームとして、来客時の客間としてなど、それぞれのライフスタイルに合った活用方法が選べます。また、床下に収納スペースを設けることもできるので何かと使い勝手が良いのが特徴です。
    加えて、一段上がった造りのため、リビングと隔てられリビング特有のゴミが入りにくく、清潔を保てるといった利点もあります。

    ただし気を付けて頂きたいのが、小さなお子様がいらっしゃる場合ベビーフェンスなどを設けないと落下の危険性がありますので、注意が必要です。

    この注目されている設備ですが、実は10/17(土).10/18(日)に開催予定の高松市上林町完成即売会の物件に完備されております!

    土地+建物価格が2480万円(税込)!!
    しかも4LDK!
    これでこの価格は安い!!


    ファイル 64-2.jpg


    結局宣伝になってしまいましたが(^^;
    小上がり和室は一度体感してみる価値はあると思います!
    来週末にお時間ございましたら、是非当物件へお立ち寄りくださいませ。
    スタッフ一同、心よりお待ちしております。

    イベントページ↓
    http://kodateking.com/diarypro/diary.cgi?no=60


    土地・建物・外構「コミコミ価格」で1398万円~
    戸建KING(キング)

    このイベントの参加申し込みはこちら

    ご来店予約はこちら

    【住宅ローン解説 part.1】

    こんにちは、川口です。
    本日から3回に分けて、住宅ローンについてお話しいたします。
    皆さまの家づくりの参考にしていただければ幸いです。
    では、スタートしていきます!

    本日、第1回目のお話しは、「住宅購入のタイミング」についてです。

    「人生の買い物で1番高い買い物は?」
    と聞かれますと大体の方が、「家」と答えるのではないかと思います。
    ひと昔前でしたら、自己資金と住宅ローン融資を組み合わせて家を購入される方が多くいらっしゃいましたが、今は、90%以上又は100%全て融資でまかなうという方がほとんどです。そうなりますと、住宅ローン融資には“金利”が付きますので、それだけ家の金額よりも高い金額を支払うことになります。
    ですから、融資で家を建てる方の人生で1番高い買い物は、実は「住宅ローン融資」なのです。


    この「住宅ローン融資」を受ける場合ですが、同じ借入金額でも、融資を受ける時期によって返済総額は大幅に変わります。したがって、この融資を受ける時期が住宅購入のタイミングを考えるうえでも大変重要になります。

    金利が低い時期に住宅を購入、融資を受けると、借入額の1割~2割相当が金利となります。ですので、金利の低い今は住宅を購入するタイミングとして大変お勧めです!
    しかし、金利が高くなりますと3割~4割、下手すると5割、6割相当の金利を支払うこととなりますので、金利が高い時期ほど住宅購入のタイミングとしては不向きな時期といえるでしょう。

    いかがでしたか?
    家づくりで融資を受けられる際は、金利価格に注目して住宅購入時期を見極めてみてください!
    次の第2回では、「どういった融資内容がお得なのか」についてお話しいたします(^^)
    ファイル 63-1.jpg


    土地・建物・外構「コミコミ価格」で1398万円~
    戸建KING(キング)

    このイベントの参加申し込みはこちら

    ご来店予約はこちら

    ページ移動

    全物件数
    土地
    会員限定公開物件数
    土地
    無料会員登録はこちら
    会員登録の方はこちらからログイン

    ID:

    PASS:

    パスワードをお忘れの方はこちら

    株式会社四国スマートハウス

    〒761-0301 香川県高松市林町1964-1/TEL:0120-540-155/FAX:087-813-5909